本文へジャンプ
フロンティアスピリットを注ぐ「e-モノづくりシステム」

e-ものづくり

鍛造は、素材の高い変形抵抗などにより、高精度の金型でもそのままの鍛造品は得られません。同時に、金型自体も成形時に弾性変形することがあり、高精度歯車などを開発する場合、諸条件を考慮した設計技術力が問われます。また、トライアンドエラーを最小限に止めるため、初回のトライデータを次の金型製作に誤差なくフィードバックすることがポイントになります。アカマツフォーシスでは、カールツァイス社の最新3次元測定器と超高速マシニングセンター、そして3次元モデルデータをツァイスの測定結果によって自動的に微修正できるCAD/CAMシステムをネットワークで統合化。勘と経験との誤差を排除する先進のシステムによって効果を得る「e-モノづくりシステム」創出の最前列を走ります。

1)創生 2)加工 3)測定 4)補正

↑ページトップへ