本文へジャンプ
融合するテクノロジーと匠の技。

匠

次世代ニーズに応える革新力。長寿命化と型寿命の安定化に向けて。

匠の技 金型の長寿命化は、鍛造品1個あたりの占めるコストを低減するとともに、金型交換のための鍛造プレス停止のリスクを軽減し、機械の稼働率を向上。金型の交換スパンを延ばすことで、金型寿命直前に発生する不適合鍛造品の発生までも低減することができます。
型寿命の安定化は、交換時期の予測を可能に。鍛造現場の作業者の工程管理をしやすくすると同時に無駄な金型在庫を解消し、異常や不具合などの発生を早期に発見する余裕をもたらします。
さらに、このふたつの相乗効果によって実現できるのは、不良品および不適合品の社外流出の事前回避です。補償問題に発展する場合を含め、選別費用、再製作費用などの多大なコストアップにつながる要因までも未然に防ぐことができます。
金型の長寿命化と型寿命の安定化。アカマツフォーシスでは、それらを具現化するために、コンピュータとNCマシニングを連動させる精密機械加工システムと、匠の技が脈々と息づく金型仕上テクニックを連携させるパーティインテリジェンスの集積により、高い評価を獲得しています。
加工写真

↑ページトップへ