本文へジャンプ
Q・C・D パフォーマンスの徹底追究

Q・C・D

お客様と地球環境に尽くす精密冷間鍛造によるモノづくりの時代へ。

近年のメカトロニクスの発展に伴い、日本の産業の基幹とも言える自動車、家電、精密機器に用いられる部品は軽薄短小化をたどり、形状は複雑かつ精密化しています。その進化を支えているのは、冷間鍛造技術に他なりません。数ある鍛造技術の中でも精密冷間鍛造技術は、時代のニーズに呼応するメリットを有しています。それは、従来不可能とされてきた複雑な形状でかつ高精度な製品の実現や、ネットシェイプによる一発成形の省工程の製品づくり、さらには、一般的に成形が難しく、熱間鍛造や粉末冶金に頼る難成形素材への対応までも可能に。高品質・短納期に加え、材料の切削ロスを軽減しコストダウンに寄与します。さらに、省資源化、省エネルギー化を促し、地球規模のニーズである環境への配慮にも貢献しています。
アカマツフォーシスでは、この冷間鍛造の威力を余すことなく引き出すために、独自のエンジニアリングシステム“アカマツe-モノづくりシステム”を構築。顧客からの開発依頼アイテムに対し、

4段構えのシステム

という4段構えのシステムを構築しています。
アカマツフォーシスは、金型受注から初期量産までを一貫したトータルエンジニアリングで、つねにユーザーブレーンとして顧客満足を追求。Q(品質)・C(コスト)・D(納期短縮)を徹底するとともに、顧客と環境に尽くし、未知の領域に挑んでいます。

冷間鍛造3つのメリット

冷間鍛造3つのメリット

↑ページトップへ