本文へジャンプ
会社沿革

会社沿革

他社には真似のできない、アカマツフォーシスならではのコア・コンピタンスの証。

アカマツフォーシスでは、精密鍛造用金型で初となる、品質管理の国際規格ISO9001の認証〈JQA-QM3363〉を1999年に取得しています(本社工場)。技術革新においては、1998年に「三井精密技術賞」を受賞。企業経営においては、1996年に「中小企業研究センター賞」(現グッドカンパニー大賞)を受賞しています。
また、安定した経営業績の証として、所轄税務署より「優良申告法人」の表敬を1972年より途切れることなく継続しています。

  • 1956
  • 昭和31年5月
  • 守口市にて超硬合金工具製造販売の赤松合金工具製作所を創立
  • 1961
  • 昭和36年1月
  • 赤松合金工具株式会社を設立
  • 1971
  • 昭和46年9月
  • 枚方市(現在地)に本社・工場を移転
  • 1972
  • 昭和47年11月
  • 優良申告法人の表敬を受ける(現在も継続中)
  • 1987
  • 昭和62年7月
  • 冷間鍛造試作工場完成
  • 1991
  • 平成3年1月
  • 現社名に変更
  • 1992
  • 平成4年5月
  • 静岡新工場竣工
  • 1996
  • 平成8年1月
  • 中小企業研究センター賞受賞 (現グッドカンパニー大賞)
  • 1998
  • 平成10年5月
  • 日本塑性加工学会 三井精密技術賞受賞
  • 1999
  • 平成11年5月
  • ISO9001(JQA-QM3363)認証取得(本社工場)
  • 2000
  • 平成12年4月
  • 鍛造品切削研究棟竣工(静岡工場)
  • 2001
  • 平成13年3月
  • 新事務所棟(超精密測定/加工工場)竣工
  • 2001
  • 平成13年5月
  • (株)ロバストエンジニアリング設立
  • 2003
  • 平成15年10月
  • 前社長・赤松憲一が代表取締役に就任
  • 2004
  • 平成16年5月
  • ISO14001(JQA-EM4719)認証取得(本社工場)
  • 2015
  • 平成27年10月
  • 現社長・赤松隆司が代表取締役に就任

1972年当時の製品開発風景

↑ページトップへ